こどもGROWオーラルセラピークリニック

名古屋の矯正ならこどもGROWオーラルセラピークリニック | こども予防矯正とは?

お問い合わせはこちら ご予約はこちら

こども予防矯正とは?

未来の歯の健康と美しさを追求する治療

ABOUT

歯並びや噛み合わせの問題を早期に発見し、適切な治療を行うことで将来の歯の健康を保つために重要です。口腔機能の改善を導き、正しい噛み合わせを形成いたします。また、歯並びの美しさや口の中の調和も追求いたします。そのため、お子さまの個々の状況に合わせてカスタマイズされます。また、お子さまにとってストレスの少ない治療環境を整え、安心して治療に取り組むことができます。

「こども予防矯正」とは?

お子さまの成長リスク。
こんなことありませんか?

・口がぽかんと空いている
・しっかり歯磨きができていない
・集中力がない
・甘いものや飲みものが好き
・おねしょがなかなか治らない
・柔らかい食べものを好み咀嚼しない
・いびき、歯ぎしりをする
・寝起きが悪い、寝てもだるさが残る

ひとつでも当てはまるお子さまは「こども予防矯正」「矯正トレーニング」で改善できるかもしれません!

「こども予防矯正」とは?

歯並びから健康な身体をつくる
矯正トレーニングです。

こども予防矯正 / 矯正トレーニングは、ワイヤー矯正やマウスピース矯正等の痛みや費用面で負担の多い治療とは違い、子どもの成長を活かして治療・トレーニングすることで「そもそも悪い歯並びを作らない」という視点から生まれた新しい治療プログラムです。痛みも少なく、低年齢からスタートすることで比較的費用面も抑えて歯並びだけでなく、呼吸や姿勢の改善も可能です。
※歯並びの悪くなってしまったお子さまにも治療できます。
予防矯正だけでなく、あごや舌のトレーニングを通じて正しいあごの成長を促し、呼吸や姿勢を改善する矯正トレーニングも合わせて行うことで、大人になっても必要となる健康な身体の土台作りを行います。

Q.歯並びがわるくなる原因は?

歯並びが悪くなる原因の1つは、あごの発育不良。
あごの発育不良には現代の食習慣が関係しています。
よく噛まなくても食べられる柔らかいものが多くなり、よく噛む必要がなくなると、あごの周りや唇・舌の筋力が弱体化し、あごの発育不良が起こります。

Q.あごの発育不良があるとどうなるの?

柔らかい食事などが原因で起こるあごの発育不良。
上あごが小さければ、すぐ上にある鼻気道の空気の通り道も小さくなり、下顎が小さければ、後ろにある咽頭の気道も押しつぶされたような形になり、気道も細くなります。
その結果、楽に呼吸が出来る姿勢(猫背やストレートネック)につながり口呼吸を誘発します。

Q.口呼吸になるとどうなるの?

口呼吸が及ぼす子どもの成長リスクには、以下のようなものがあります。

・風邪をひきやすくなる
(ウィルス・ほこり・花粉を大量に口から取り込んでしまうため)
・ぜんそく / 鼻づまり
・睡眠の質の低下
・いびき
・おねしょ など

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。